Skip to content →

Intel EdisonをDebian化する

こんちは~@mでっす~
シルバーウィークですね~
われら中学生は休みとは言えないほどの課題を背負いながら電子工作しています~

さて、こんかいはIntel EdisonのOSを、Debianというものにしていこうと思います~

Debianってなに

Debian(発音: [ˈdɛbiən] デビアン)またはDebian Projectは、ボランティアの集まりによってフリー/オープンなオペレーティングシステム (OS) を作成しようとするプロジェクト。またそのプロジェクトによって作成されたオペレーティングシステムを指す。

wikipediaより引用
まあつまり、フリーなlinuxです。

Debianにするメリット

Intel Edsionには、デフォルトで”yocto linux”っていうOSが入ってるんですが、
このlinuxは知名度の低さ故に、使えるアプリケーションや使い方の情報が少なすぎます。
一方debianは世界中で広く知られているため、一般にいう”linux”とほぼ同じように扱えるようになります。

注意

これを実行するとIntel edison内のデータが消えます。
必要に応じてバックアップを取っといてください。

Edisonをはじめてつかう場合

TeraTermドライバシリアルドライバをインストールします。
J3, J16ともにPCにつなぎ、ドライバのセットアップが終わるのを待ちます。
終わったらいったんJ3, J16ともに抜きます。

手順

ここではIntel Edsion breakout board kitを使う。
Breakout boardのJ3とPCをつなぎ、シリアル接続しておく。
ここから”ubilinux for Intel Edison”をクリックして、ubilinux-edison-xxxxxx.tar.gz(xxxxxxはバージョンによって異なる)をダウンロード。
②展開し、”toFlash”フォルダを取り出す。
ここからdfu-util.exelibusb-1.0.dllをダウンロードし、先ほど展開した”toFlash”に入れる。
④”toFlash”フォルダ内の”flashall.bat”をダブルクリック
⑤コマンドプロンプトが出るので、”Please plug and reboot the board”と表示されたらEdisonのJ16とPCをつなぐ。(Breakout boardの2つのUSBのうち下のほう)
⑥じゃんじゃかじゃんじゃか処理が始まるのでじっくり待って、シリアルのほうで”ubilinux login:”と出たら完了です

できたでしょうか?できなかったらコメントください。対応します。
では!!!‼‼‼

Published in Edison linux YamaX Software