Skip to content →

YMZT2.2概要について&自慢話・・・。

ども、ハード担当、ハードな頭のNyanyanです。

え~、@mが前に書いてた通り、YMZT2.0は短い一生を終え、YMZT2.2に生まれ変わる最中です。

えっと、こないだ@mと秋葉原に遊びに行ってきました(あ、部品買ってきたって事ですよ。「遊びに行ってくる」ってのは)。で、そこで私が「黄色い奴使う」って言ったら@mが「は?こんなのでトルク出るわけねぇじゃん。」ですと。ちなみに黄色い奴のトルクは不明です。でも回転数は書いてありました(23~28回転/分(rpm))。ちなみに黄色い奴の正式名称はプ​ラ​ス​チ​ッ​ク​ギ​ヤ​ー​ド​モ​ー​タ​ー​ ​H​P​-​0​8​-​1​3​0​4​7​-​8
だそうです。
私はそこそこトルク高いと直感していたので、即席で計算してやりました。

黄色い奴は多分130型モーターを使用しているので、モーターの回転数は無負荷時で9100回転/分(rpm)。
黄色い奴の出力シャフトの回転数は23​~​28​回転/分(rpm)なので、9100 : 23より、
ギヤ比はだいたい395.6 : 1
んでもってこれまで使ってたダ​ブ​ル​ギ​ヤ​ボ​ッ​ク​ス​(​左​右​独​立​4​速​タ​イ​プ​)の最大トルクのギヤ比が
344.2 : 1 (トルクは2276gf.cm)
なので、誤差を考えてもそんなに変わらない(それどころか黄色い奴の方がトルク高いかも?)って訳です。

モーターの回転数からギヤ比を算出したわけです。流石に@mも認めざるを得なかったようです(どうだ@m、参ったか!!)。

さてさて、 こんな自慢話はどうでも良くて、要するに黄色い奴は使えるぞって事が言いたかったんです。

そして秋葉原から帰った後、3日間に及ぶ戦いが始まったのです。YMZT2.0で使ってたギヤボックスからメカナムホイールを取り外す作業です。メカナムホイールの軸受がタミヤの六角3mmシャフトと互換性が全く無かったので、無理矢理接着剤で止めてたんです。しかも「これでもか!!」ってぐらいがっちり止めていたわけで・・・、取り外すのに4つあわせて3日かかってしまったわけです。あ~ぁ・・・。隙間にマイナスドライバーをあてて、接着剤はがしをかけながらマイナスドライバーの頭をかなづちでとんとんとんとん・・・・・。「そろそろ外れるかな?」と思ったら、シャフトをグランプで机に固定してねじりながら外していくんです。

↑はがし液(結構古い)

シャフトが4つ全部はずれて、これで終わりと思いきや・・・

そのあとはこいつを外す作業が・・・。 こいつもマイナスドライバーをあててかなづちでとんとんです。メカナムホイール本体との隙間に接着剤が入ってたらしく、全然取れない・・・。
以上の作業に3日かかってしまいました。3日間、私の家からはかなづちでマイナスドライバーをたたく音がとんとんとんとんとん・・・・・。しまいにはかなづちの音でリズムとりながら歌い始めたりして・・・。どうかしてますね(笑)←自覚あるだけましか(笑)。
何はともあれ、3日間の戦いに勝って、めでたく全部黄色い奴につきました!!!

無事メカナムに取り付け完了

以上、ちょっと気が狂ったNyanyanでしたっ

Published in YMZT Hardware