Skip to content →

Edisonバージョンアップ法

今日は部活がない@mです。今日は、Edisonのファームウェアのバージョンアップ方法を説明します。
※方法は変わることがあります。
バージョンアップするとEdisonのデータは全部消えます。バックアップを取ってからにしてください。

では、まずは準備から
☆Edisonのデバイスドライバがまだ入っていない場合はここの「Windows Standalone Driver 1.2.1」からダウンロード、実行してください。

①Yoctoのimageを用意する
2015/3/14時点での最新イメージはこちらの、「Yocto complete image」からダウンロードしてください(122MBあるため、時間がかかります)(Intelのページです)

②Edisonの準備
EdisonをPCにさします。
「Edison」というドライブができます。
TeraTermなどからEdisonのコンソールを開き、ログインしておきます。

③展開
ダウンロードしたedison-image-ww05-15.zip(バージョンによってファイル名は異なる)をダブルクリックして、出てきた大量のファイルをすべて選択(ctrl+A)し、コピー(ctrl+C)。 先ほどの「Edison」ドライブに移動し、空なのを確認してから貼り付け(ctrl+V)。

④インストール ※これをした時点でEdisonのユーザーデータは消えます。
Edisonのコンソールで
reboot ota
と入力し、待ちます。
なんだかいろいろと文字が出てきて、何回も再起動します。
落ち着いたら完了です。
ログインは、ユーザー名「root」だけでできます。(データ消えたからユーザー消えた
とりあえずconfigure_edison -setupで初期設定しましょう。

では。

Published in Edison linux